アスベスト廃棄物の運搬は法律に基づいて適正に

アスベストを含む建物を解体すると、アスベストを含む廃棄物が発生します。廃棄物に含まれるアスベストが飛散してしまうと健康被害が発生する可能性があるため、アスベスト廃棄物の運搬は厳しく管理された状態で行わなければなりません。

除去したアスベスト廃棄物を適切に運搬するためにも、アスベストの廃棄物の運び方についてあらかじめ理解しておきましょう。

運搬するためには収集運搬業の許可が必要

アスベストの廃棄物を運搬する場合には、収集運搬業の許可を受けている必要があります。必要な許可は、廃棄するアスベストの種類によって異なります。

アスベスト廃棄物の種類としては「廃石綿」と「石綿含有廃棄物」の2種類があり、石綿含有廃棄物は「石綿含有一般廃棄物」と「石綿含有産業廃棄物」に分けられます。

なお、産業廃棄物とは事業活動で生じた廃棄物のうち、廃プラスチック類、がれき類、汚泥など、定められた種類の廃棄物を指します。一般廃棄物とは産業廃棄物以外の廃棄物のことです。

廃石綿とは、アスベスト廃棄物のうち、アスベストが飛散する性質を持つものです。廃石綿に該当するアスベストの種類としては、吹き付けアスベスト、配管等に使用されたアスベストを含む保温材、耐火被覆材、煙突や屋根等に使用された断熱材などがあります。

石綿含有廃棄物とは、アスベスト廃棄物のうち、アスベストの飛散が生じないものを指します。石綿含有廃棄物に該当するアスベストの種類としては、アスベスト成形板があります。

廃石綿は飛散性のあるアスベストであり、環境汚染の原因になりかねないことから、「特別管理産業廃棄物」に指定されています。そのため、廃石綿を廃棄する場合は「特別管理産業廃棄物収集運搬業者」に運搬を委託しなければなりません。

石綿含有廃棄物を廃棄する場合は「産業廃棄物収集運搬業者」に委託します。

業者に運搬を委託する方法は?

アスベスト廃棄物の運搬を委託する場合、廃棄物の種類に応じて、特別管理産業廃棄物収集運搬業者、または産業廃棄物収集運搬業者を探す必要があります。

これらの業者は、環境省の「産業廃棄物処理業者情報検索システム」のサイトで調べられます。

固有番号や許可番号で検索できるほか、所在地、業者名、許可主体、許可年月日、業の区分のいずれかを入力して検索のボタンを押すことでも検索が可能です。

参考:環境省 産業廃棄物処理業者情報検索システム
https://www.env.go.jp/recycle/waste/sanpai/

アスベストの廃棄物は処分施設に直送することが原則

アスベストの廃棄物は中間処理施設、または最終処分場などの処分施設に直送することが原則です。処分施設に到着するまでの間にアスベスト廃棄物を積み替えすることは原則として認められていません。

万が一、処理施設に到着する前にアスベスト廃棄物の積み替え作業を行うと、アスベストが飛散する可能性があり、環境汚染や健康被害が発生してしまう可能性があります。

そのため、アスベストの廃棄物を運んでいる車両は、処分施設に直行することが基本となるのです。

なお、アスベストを廃棄した現場から処分施設までの距離が遠い場合、廃棄物の量が少なく輸送効率が低い場合などは、積み替え作業を行わなければならないケースも生じます。

そのような場合は、アスベスト飛散防止のための囲い設置、廃石綿の積み替え場所であることの表示、積み替え場所の管理者氏名と連絡先を表示したうえで、アスベストの飛散防止対策を十分に行わなければなりません。

管理者は、特別管理産業廃棄物管理責任者の資格を有している必要があります。

まとめ

アスベスト廃棄物の運搬は、許可を受けた業者に委託することが原則となります。アスベストが飛散してしまうと健康被害が発生する原因となるため、厳重に管理された状態で運搬しなければなりません。

法律に基づいた方法でアスベストの運搬を行い、健康被害や環境汚染の発生を防ぎましょう。

(画像は写真ACより)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事