"2021年最新版 マスクはシゲマツ派"のあなたが買うべきマスクはこれだ!

アスベスト除去工事において、石綿を取り扱う作業に使用する呼吸用保護具につきまして、

  • 作業レベル別
  • 除去対象製品別
  • 除去等工法別

に定められていますが、実際にみんなが使っているシゲマツ製品はどれ?という疑問にお答えするべく、株式会社重松製作所様に取材を申し入れた所、快諾頂いたので、実際に使われている人気ランキングを発表します。なお、ここでは半面体のマスクをご紹介しておりますが、作業や粉塵レベル、によっては当局の指導等に則り、電動ファン付全面体マスク、全身防護服着用の完全防護状態での作業をしてください。
※呼吸用保護具の選定は、工事の状況等において、個々に判断すべきものであり、その選定結果に対し当社は一切の責任を負いません。

Sy11FV3 電動ファン付き呼吸用保護具
呼吸が楽!防じんマスクよりも、安全性が高くフィルタが長持ちして経済的!
石綿作業(呼吸用保護具の区分1)に分類され、石綿作業レベル1~3に対応できる、最強クラスの呼吸用保護具。
呼吸連動型PAPRで、呼吸が楽な上にフィルタも長持ち。
 除去対象製品は、吹付材、耐火被覆材、断熱材、保温材、成形板に対応し、※1全ての除去工法に適用できます。
※1特殊工法の場合は、粉じんの飛散等の実情に応じて個別に判断して使用してください。
TW08SX3 取替え式防じんマスク
伝声器付きで、マスクを付けたままでも会話が明瞭。
石綿作業(呼吸用保護具の区分3)に分類され、除去等工法の中では、グローブバッグや・囲い込み(破砕・切断・穿孔・研磨を伴わないもの)、非石綿部での切断等で使用可能な防じんマスクです。防じんマスクのフィルタ1個よりも2個の方が約4倍長持ちします。(同じフィルタT2での比較)また、金属部品を使用していませんので、廃棄時の分別作業が不要です。
TW01SCT2 取替え式防じんマスク
フィットチェッカー 一体型で密着性の確認(フィットチェック)が簡単!
石綿作業(呼吸用保護具の区分4)に分類され、除去等工法の中では、囲い込み(破砕・切断・穿孔・研磨を伴わないもの)、成形板の原形のまま取り外し時に使用可能な定番防じんマスクです。フィルタ横の内臓フィットチェッカーを、左右同時につまみ、フィルタ方向へ移動すだけで簡単に密着性を確認。また、排気弁をマスク上部に設ける新設計で、広い下方視野の確保ができます。
 

フィルタ交換について

防じんマスクのフィルター交換は、作業場ごとに選任されている保護具着用管理責任者(平成17年2月7日付け基発第 0207006号)により、 呼吸用保護具のフィルタの交換の基準を定め、フィルタの交換日等を記録する台帳を整備することと定められています。休憩ごとにフィルター交換することが一般的ですが、徹底されていない会社も見受けられます。使い捨てフィルタ一の価格も考慮に入れて、マスク購入の検討をしてください。

 

密着性の確認について

2006年4月11日の日経新聞の報道によると、現場でマスクをしていても粉じんの侵入率が24%にも及んだ事例もあり、マスクの選択と同時に密着性の確認も重要となります。同記事によりますと、下記3点を実行するだけで5.8%まで低減したという記録が掲載されており、密着性の確認徹底も必ず行ってください。また、平成17年2月7日付け基発第 0207006号に密着性が弱まる事例が掲載されており、ヒゲ、もみあげ、前髪等が面体の接触部に入り込んだりすることや、締め紐を後頭部において使用することなく、耳にかける等が例示されていますので、参考にしてください。

  • マスクひもを強く締める。
  • 顔の大きさに合ったマスクを選ぶ
  • フィルターを適切に交換する

作業レベル、除去対象製品、除去等工法、呼吸用保護具の区分別に選びたい方はこちら

正しく、お使い頂くために一覧表にまとめましたので、ご参考にしてください。